モリ工業株式会社

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス報告書

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、常に最良のコーポレート・ガバナンスを追求し、その改善に継続的に取組み、当社にとって必要なコーポレートガバナンス・コードのコンプライの部分を増やすように努めます。
当社は、株主の権利を尊重し、経営の公正性・透明性を確保するとともに、経営の活力を増大させることが、コーポレート・ガバナンスの要諦であると考え、次の方針に従って、コーポレート・ガバナンスの充実を図ります。

  1. ステークホルダーとの関係
    1. 株主の権利・平等性を確保します。
    2. 株主との間で建設的な目的を持った対話を行います。
    3. 株主及びその他のステークホルダーとの良好な関係を構築します。
    4. 財務情報・非財務情報を適切に開示し、透明性を確保します。
  2. コーポレート・ガバナンスの基本体制
    1. 当社は監査等委員会設置会社とします。
    2. 取締役会は、法令が定める範囲内で業務執行の意思決定をできるだけ業務執行取締役に委任し、経営の監督機能に重点を置きます。
  3. 取締役の人数は定款によるものとします。また、社外取締役については複数名を選任します。
  4. 取締役会は、その役割・責務を実効的に果たすための知識・経験・能力を全体としてバランスよく備え、多様性と適正規模を両立させる形で構成します。監査等委員には、財務・会計に関する適切な知識を有しているものを1名以上選任します。
  5. 監査等委員会は定期的に開催し、独立した客観的な立場に基づく情報交換・認識共有を図るものとします。

コーポレート・ガバナンス体制模式図

コーポレート・ガバナンス体制模式図